ブログを書いている人

kip(きっぷ)といいます。

 

この度は当ブログのご訪問ありがとうございます^^

 

私は現在、シングルマザーで男の子二人を育てています。

 

スピリチュアルの考え方や世界観が好きで、昔からよく本を読んでいました。

 

スピリチュアルというと、カードを使った占い、霊能力での透視などありますが、私が特に興味をもったのは引き寄せでした。

 

知り合いの霊能者のアドバイスを受けながら、最近では、どうすればより簡単に自分の好きなものを引き寄せて理想の人生が送れるかがだんだんわかってきました。

 

私は昔から霊感が高いといわれていましたが、幽霊やオーラが見れるわけではありません。

 

ですが、引き寄せの能力だけはかなり上がってきたといわれていますし、自分でも実感しています。

 

昨年のことですが、嵐ファンである小学校の先生に喜んでもらいたくて、嵐のコンサートで最高の席が当たる引き寄せをやってみました。

 

それでなんと、アリーナ花道の真横のチケットが取れたのです!

 

嵐だと普通にチケットが当たることさえも難しいのですが。

 

しかも私がイメージした場所(ステージに向かって左側)もぴったりだったので、話をきいたときは自分でもびっくりしました。

 

そのほかにも、食べてみたいなーと思ったら、普段付き合いのない人からお土産でもらったり、大手企業の就職が決まったり、行きたかったバスハイクの無料チケットが当たったり…ちょこちょこあります^^

 

この前も、KBCお天気予報の栄作さんが好きで一緒に写真を撮ることを引き寄せしたら、その2ヶ月後に街中で偶然ばったり会って、写真を撮ることができました♪

 

引き寄せの実現って時間がかかるものとかからないものがありますが、小さなものだったらすぐに叶えられるものも多くあるので面白いです。

 

好きなこと、良いことが引き寄せられると、わくわくが増えるので幸運体質にもなるのですよ。

私の人生の転機となった映画「ロードオブザリング」

 

学生時代から英語に興味があって短期の語学留学をしたりして、勉強は地道にやっていました。

 

ある年のお正月にNZのクライストチャーチ郊外にファームステイに行きました。

 

その時にステイ先の家族に映画を見に行こうと誘われて、見たのが「ロードオブザリング」でした。

NZでロケがあった映画ということもあってシネマーは現地の人で盛り上がっていました。

 

当時はたいした英語力もなかったので、なんとなくしかわからなかったのですが、見終わった後、心にドドーンと響くものがありすぐに虜になりました。

 

3部作まである映画ですが、1部のある場面で魔法使いガンダルフの深い言葉が私の心に突き刺さりました。

 

指輪をモルドールという滅びの山まで届ける役目である主人公のフロドが、「僕が指輪さえもらわなければこんな旅にならなかった…」と弱音を吐きます。

 

すると、旅するフロドを支えてくれるガンダルフが、

辛い目にあうと皆そう思うがどうにもならん。自分が何をすべきか考えることだ。この世では善悪の力に加えて運命の力が働く、ビルボは指輪を見付けお前はそれを譲り受ける運命だったのだ。そう思えば納得できる」

というのです。

 

当たり前といえば当たり前のことを言っているのですが、このガンダルフの言葉が十年以上経っても心に残っていますし、落ち込んだ時はこの言葉を思い出しています。

 

私たちは誰でも苦しい目に遭ったり、辛いことを体験すると「自分ばかりどうして…」と嘆いたり、人のせいにしたりしてしまいます。

 

でも、そうではなく、今目の前に起きている事実にきちんと向き合うことが何よりも大事だということなのです。

 

じたばたせずにやってくる運命を受け入れること、こうすれば人生は好転していくのです。

 

タロットカードでもあります。「運命の輪」

人が成長するため、そしてこれから飛躍するために必要なことが起きていることを示すカードです。

 

魂がわくわくすることだけをやる

 

ロードオブザリングの魅力に取りつかれて、ついにNZでのロケ地をめぐる旅に一人で参加してきました。

 

こんなはるか遠くまで私を旅させるロードオブザリングの力ってものすごいと思います(笑)

 

フロドの故郷「シャイア」↓ めちゃくちゃ緑がきれいでした。

↓フロドの家の中から撮影しました。家の中はたんなる土でしたw

↓ウェリントン空港のでっかいゴラムが印象的。スケールのすごさに圧倒されました。

ロードオブザリングのストーリーですが、1つの目的に向かってまったく人種の違う仲間たちが力を合わせて前に進んでいくという話です。

 

考え方や価値観が全く違うそれぞれが心の葛藤と戦いながらも、和解してひとつになっていく、成長していく素晴らしさに感銘を受けて、私の中でのものの考え方や思いも大きく変わりました。

 

それまで負けずぎらいだったのですが、一切人と競うことはしなくなりました。

 

「自分は自分、人は人」。

 

そして、自分らしさを大事にして生きたいと思うようになると、とても心が軽くなり楽になりました。

 

今までその勇気がなかったので、映画がその重要な部分を気づかせてくれたのです。

 

また、一緒に何かを創り上げていく、成し遂げていく仲間がいると活力が生まれ魂がわくわくするのを感じました。

 

自分自身よくわからないけれど、なぜか鳥肌が立って、感動して涙が思わずでるような感覚なので、私がきっと今世でやらなければならない使命なのでしょう。

 

今回ブログを立ち上げたのも、

「共に心のステージを上げて成長していける仲間」「ありのままの自分でいられることに喜びをもって生きていける仲間」を増やすことが目的です。

 

びっくりするかもしれませんが、自分らしさをもって生きることで心のステージがアップするため、収入のほうも不思議とアップしていくのです。

 

がむしゃらに働くことをしなくても収入が増えるので、時間を自由に使えるようになるというわけです。

 

そうすると、心のほうも豊かになり、家族や大切な人をもっと幸せにしたいと思う気持ちも強くなります。

 

好循環の流れが作れるというわけです。

まさにこれです↓

チャンスがきたらものにできる!

ツキ、好転、進展なのです。

 

一度きりの人生だからこそ、適当に過ごすのではなく気づきをもって今から変わっていきましょう!

 

悩んでいることなどあれば、いつでもメールください。

きっぷにメッセージを送る