不運が続く時はどう対処する?断ち切る方法

不運が続くとき

誰でも生きていれば、失敗や悩みは山ほどで
てきます。

 

しかも悩みがゼロになることがないくらい、
毎日いろんなことに悩みながら暮らしています。

 

ですが、気づいたらふと物事がうまくいかな
いことが多い、不運が続く、誰かが邪魔して
いるとしか思えない、ということもあります。

 

不運が続くのはどういうことが原因となって
いるのでしょうか?

 

スピリチュアル目線からちょっと考えてみましょう。

 

不運が続くのは偶然ではないこと

不運であることはスピリチュアル観点と切り
離して考えることができません。

 

人生はすべて自分自身がきめてきた脚本通り
なのです。

 

あの世は幸せですべてがパーフェクトで大切
なので、私たちはこの世でいろんなことを体
験して魂を成長させるために生まれてきたのです。

 

だから、自分の身に起こっていることはすべ
て必然的で、偶然ではないのです。

 

今が不運である状況も自分が決めてきたこと
なので、本来そこで悲観したり悩むことはな
いはずです。

 

不運が続ているとしても一生続くわけではあ
りません。

 

苦しい時期を乗り越えた後には幸せや楽しい
ことが待っているのです。

 

そして、その経験はあなたの魂を大きく成長
させることは間違いないし、次のステージに
進むために必要だから起こるのです。

 

人生山あれば谷あり、苦あれば楽ありという
言葉があるように、人生には変化があるから
面白いわけですね。

 

ただ、不運が続いているのは、「あなたには
人生の軌道修正が必要だからそれに早く気づ
いて!」というスピリチュアルメッセージなのです。

 

カルマの法則と不運

電話占いウィル

不運を断ち切るということで話をしています
が、なんでもかんでも不運という言葉で片づ
けられません。

 

ここでいう不運というのは、自分は正しいこ
とをしているのに、どうしてか努力が報われ
ない、むしろ悪い方へいってしまう不可抗力
をいいます。

 

ですので、明らかに自分自身が悪いのに、そ
れを周りのせいにしたり、運が悪いというこ
とで片づけて、「自分は不幸だ」「全然運が
ついてない」というのは違いますね。

 

これはカルマの法則で悪い行い(道徳的な行
いではない)が自分に返ってきているだけです。

 

こだわりがなければすべてがうまくいきます。
こだわりを捨てたいなら読んでみてくださいね。

執着心をなくす3つの簡単な方法で引き寄せ効果を高める

 

悪い縁を断ち切りたいけどできない場合、
このような方法がありますよ♪

どうしようもない人と悪い縁を断ち切るための方法

 

不運が続くとき、それを断ち切る!

不運を断ち切る

何かおかしい、どうして私だけこういうことが
起きているの?と思うことがあるならば、

そのまま突っ走るのではなく、いったん
落ち着いて「なにかありそうだ」「何
か修正しないといけないのかな」
と思うことです。

 

考えても何が原因なのかすぐにわからないか
もしれませんが、そのうち「あ、もしかして
このことだったのかな?」と、なんとなく腑
に落ちるでしょう。

 

立ち止まって考え、すぐに軌道修正すること
がこ不運を断ち切ることになり、これからの
自分が望む未来を手に入れる鍵になるはずです。

 

ついてないことが続いても、いつかは終わる
仕方ないということポジティブなあきらめ
も大事です。

 

繁栄する時代も終わりがありますが、暗黒の
時代もやがて終わるものです。

 

歴史を振り返っても、いつまでも同じ時代が
続くことはありません。

 

必ず、何か出来事が起きて変化していくのです。

 

それは人の人生においても同じことですので
辛い時期でもやがて光がさして幸せが訪れ
るものです。

 

一旦、何かついていないと思うようになると、
潜在意識にまで伝わっていきます。

 

その思考やネガティブな波動というのは、宇
宙に忠実に伝わりますので、次のネガティブ
な不幸な出来事を運んできます。

 

そうなってしまうと、負のスパイラルでさら
に不運なことが起きてくるのです。

思っていることは現実になるというのは嘘か?

 

自分の身に起きるのはすべて必然というわけ
なのです。

 

日々の生活で起こる良いこと悪いこと関係な
く、今の自分に必要だから起こる。

 

だからそれを全部受け入れる。

 

そして、アンラッキーが続けばそこに隠され
たメッセージに気づいてすぐに軌道修正に取
り掛かる。

 

それだけで人生が上手くいくようになります。

 

恋愛スピリチュアルメルマガ

 

お気軽にお問合せください。通常24時間以内に返信いたします。

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です