引き寄せの法則での現実化にはエイブラハムが欠かせない?

エイブラハムという言葉を聞くと、
「誰のこと?」って思うかもしれませんが、
これは無数の叡智があつまった
エネルギーの集合体「大いなる存在」

のことです。

 

わたしたち一人一人と
つながっているものです。

 

また、目には見えない世界のことを
とてもよく知っていて、広い視野と
深い洞察力をもっているのです。

 

アメリカ人のエスター・ヒックスさん
という女性が旦那様と毎日瞑想を
しているうちにエイブラハムから
メッセージを受けるようになったそうです。

 

例えば数あるメッセージの中の
一つを紹介すると、

わたしたちが愛や叡智の源のような
ところと繋がることができたとき、

素晴らしい技術を生み出したり、
素晴らしい仕事をすることが
できるということです。

 

エイブラハムと引き寄せの法則の関係や効果

引き寄せの法則ブームで多くの人が
自身の幸せを求めて実践していますが、

なかなか願い事を引き寄せられない、
感情コントールが上手くいかないのは、
真の引き寄せ思考が身についていないからです。

 

実際にやっていても、
「本当にこんなので叶うのか」と
疑念を抱いたり、

「早く結果や成果を出さなくちゃ」
と焦っているからなのです。

 

文句や愚痴を言わない自分好きですか?

不平不満を言わない自分になる簡単な方法

 

引き寄せなんて上手くいかない、信じられない
という人でも「はい、信じます」と思わず言ってしまうこととは…

引き寄せが信じられない人が簡単に信じられる方法

 

また、「私が幸せになっていいものか」
「大金を得られることに罪悪感を感じる」
という心のブロックが無意識にあるので
叶えることができていないのです。

 

例えば、お金を使うともったいないから
貯金するというような思考の人は、
豊かさを引き寄せることができませんし、

彼ができてもまた振られるのではないか
という人も素敵な彼と出会うことは一生
ありません。

 

それくらい、
望まないことに目を向けていると、
その通りのことが起きてしまうのが
引き寄せの法則なのです。

 

エイブラハムの感情の22段階
というのがあります。

 

1 喜び、感動、感謝、自信、自由、愛、大いなる気づき、溢れる活力
2 情熱
3 熱意、やる気、幸福感、切望、興奮
4 確信、信念、ポジティブな期待
5 楽観
6 希望
7 満足、納得
8 退屈
9 悲観
10 不満、いらだち、短気、欠乏、不足、焦り
11 敗北感、圧迫感、戸惑い
12 失望、落胆
13 疑い、不安
14 心配
15 非難
16 落胆
17 怒り
18 復習
19 敵意、激怒、憎しみ
20 嫉妬
21 危機感、罪悪感、自己卑下
22 恐れ、悲痛、憂鬱、絶望、無力感

 

1に近いほど、ポジティブなエネルギーで、
22に近いほどネガティブエネルギーとなります。

人間ですから、当然ネガティブな
感情ももっていいのです。

 

ですが、その感情が起きているとき
にどのレベルに自分はいるのか、
俯瞰(ふかん)する感じで客観的にみてください。

 

そして、
今の自分の状態に気づくこと
これが大事なのです。

 

あなたの望むように現実が変化し始めるのは、
1~7の感情が日々の半分以上あることです。

 

さらにいうならば、その気持ちが7割以上
になると毎日が楽しく幸せなことで
満たされてきます。

 

100%を目指す必要なんてありません。

 

ネガティブを排除しなければ願いなんて
叶わないと思う人も多くいますが、
そういう感情をもっていていいのです。

 

それでも引き寄せは7割以上保つ
ことができれば、次々と起きてきますからね。

 

あまり神経室にならず、楽に考えて
日々の生活を楽しみましょう。

 

執着は人生のよい流れを邪魔するもの。
このままでいいですか?

こだわりが捨てられない人の本当の理由とは?

 

 

恋愛スピリチュアルメルマガ

 

お気軽にお問合せください。通常24時間以内に返信いたします。

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です