悪口を言わない方がいい理由とは?愚痴らない自分になる方法

悪口は言わない方がいい…そんなことわかっ
ているけれどうしても頭にきたら言ってしまう。

 

愚痴や文句を言わないと気が済まない、とい
う人多いのではないでしょうか。

 

中には不平不満や悪口を一切いわないという
人もいます。

 

そういう人に自分自身もなれたらうれしくないですか?

 

今回は悪口をテーマに、どんなことが引き起
こされるのか?どうすれば克服できるのか、
についてお伝えしていきますね。

 

なぜ人々は悪口を言うのか

悪口をいう理由を考えてみると、それは自分
のストレス解消のためです。

 

苛立ったりしたときにそれ自分の中に抑え込
むと余計ストレスになりますよね?

 

上手く自分でそういう怒りや苛立ちを処理で
きたらいいのですが、できないので愚痴、文
句を言うことによってストレス発散させてい
るのです。

 

また、自分に起きた問題をとにかく誰かのせ
いにしたいという気持ちもあります。

 

人のことを悪くいうことで、その人の言動を
改めてもらいたい、自分のことを少し良く思
って欲しい(構ってもらいたい)という思い
がありますが、結局は自分本位な未熟な精神
から生まれるものです。

こちらも併せて読んでみてください。

ネガティブであることは本当に悪いのか?

 

悪口を言う人に近づくのは危険

学校や職場でもそうですし、SNSでもそう
ですが、一緒になって悪口を言うたちってい
ますよね。

 

ですが、仲間になって悪口大会を始めてしま
うと、同じような負の土壌に立ってしまいます。

 

波長もネガティブの低いものとなり、あなた
まで負のエネルギーに包まれてしまいます。

一緒に悪口をいうのは、その人に共感してい
る、仲間意識を持つのでそんなに悪いことだ
と思わないのですが、あとになって自分にマ
イナスエネルギーが返ってきますからね。

 

しかも、そんな人の悪口を言う人の中にはい
って、本当にすがすがしくいい気分になるも
のでしょうか?

 

例えば、私だったら職場のお昼休みにある芸
能人の悪口を言い始めた同僚がいたら、すぐ
にその場を離れますね。

 

何の接点もない芸能人のことをバカにしたり
悪口を言うのは聞くに堪えられないのです。

 

自分の人生とどう関係があるのでしょうか?

 

エネルギーに敏感な私なので、そういうマイ
ナスでネガティブなゴシップは30秒で
うんざりするのです。

 

自分のエネルギーが悪口をいう人の負のエネ
ルギーに吸い取られるような気がしますね。

 

エネジーパンパイヤかもしれません!

エナジーバンパイヤをスピリチュアルな視点で解説

 

私たちは自分の幸せのために
この世に生きているのです。

 

ですので、他人の悪口をいって果たしてこの
上ない幸せが得られるのか?

 

答えはNOです!

 

悪口を言わない人になるには

習慣って怖いものです。

 

悪口を言い続けて生きてきた人にとって、簡
単に自分を変えることは無理です。

 

どんなにポジティブな自分に変えるための本
を100冊読んでもアウトプットするとなる
とできずにすぐに挫折してしまいます。

 

悪口を言わない自分になるためには期間を決
めて「その間は悪口をいわない」と厳しく決
断すること。

 

自分との約束が守れたらカレンダーや手帳に
シールを張って貯めて、ある一定以上のシー
ルが集まったら自分にご褒美をプレゼントす
るというルールを作ってみるのも手です。

 

子供じみていますが、これが意外と効果的で
ゲーム感覚で実践できます。

 

もし、決めた個数のシールが集まらなかった
らもう一回設定し直して再スタート。

 

自分に厳しくしないといけないのですが、こ
れを続けているとある日愚痴、悪口が激減し
た自分に気づきます。

 

その時こそ「あー自分がんばったなー」って
思えますし、ネガティブなことを言わない自
分がもっともっと好きになれます。

こういうやり方も有効ですよ~

不平不満を言わない自分になる簡単な方法

 

周りにそういう人がいたら速やかに離れるよ
うにして波長を合わせないこと。

 

そして、SNSはなるべくやらないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です