物に執着する人には原因がある!子供時代からの影響か!?

物に執着する人

執着があるとたいして欲しくないものまで手に入れたくなります。

収入がはいってきたら何か買わずにはいられず、同じようなものを持っていても我慢しようという気がしないのです。

私の妹がひどいコレクターです。

学生でもないのに文房具がお店を開けるぐらい部屋の棚にあふれています。

また、父が妹のお菓子を食べるのが気に食わないようで、食べきれないほどのお菓子を買い込んで部屋の箱に積み上げています。

ほかにも雑誌とか医薬品もたくさん…

物があふれているのでだれかに譲ればいいのに、思い切って捨てればいいのにと家族は思って言うのですが、それももったいなくてどうしても捨てられない。

「今日は時間がないから捨てない」「そのうち自分でやるから放っておいて」という理由をつけて先延ばしにしようとするのです。

目に余ってイライラした母が自ら処分しようとすると、まるで自分の身体の一部がなくなるかのように怒ったり、責めたりするのです。。

これはまさに執着の酷すぎるバージョンです(-_-;)

執着が溜まっている状態なので魔物に取りつかれている感じで、いったん取りつかれてしまうと、これからも一人では絶対に捨てることができないのです。

妹みたいに捨てきれない人は増えてきていると思います。

ほら、ニュースでも迷惑住民としてよく取り上げられるゴミ屋敷住人はこういう酷い執着の結果にでき上ったものなんですよ。

 

執着が強くなる人とはどんな人?

妹は「私の」チョコレート、「私が買ってきた」〇〇といういい方をして断固として自分の所有物を守ろうとします。

年をとるにつれてこれが酷くなっている気がしますが、やはりこうなっているは幼い時の環境だと思われます。

うちは母は主婦していたのでいつも家にいましたが、妹が幼いときはあまり構ってなかったといっていました。

妹が構って欲しいと要求してきたときに向き合わないで「はいはい」程度だったり「忙しいからあとで」といっていたのかなーって思います。

人間だれでもそうですが、特に幼いときは一番信頼しているパパやママに自分の存在価値を認めてほしいものです。

だから、何気ないことでも聞いてきたり、自分の描いた絵を見せたりしてきます。

そんな時に親が好きなことをしていたり、仕事をして流していると、子供は純粋でネガティブに捉えがちなので「自分って価値がない人間なんだ」「聞いて欲しいのに無視される存在なんだ」と傷つき、心のほこりを作っていくのです。

ほこりが溜まってしまったに子供はそのうち、自分の存在価値を求めることもしなくなって、諦めていってしまいます。

それが執着を生みだしてしまい、何か苦しいことや嫌なことがあれば逃げて目先の快楽を求めていくのです。

そうなってくると、親から「もっと勉強しなさい」「真面目に将来を考えなさい」といわれても耳にはいりません。

「自分は何をやっても誰も気にかけてくれないダメ人間」という思いが潜在意識があるので行動できなくなる、一歩を踏み出させなくなるのです。

そのくせ、お金がある人や美人をみると「羨ましい」「自分も特別になりたいのに」という気持ちが強く、自分自身を比較してみじめな気持ちになってしまいます。

物への執着の原因はこんな風に幼いときに作られるというのは怖いことです。

執着心をなくす3つの簡単な方法で引き寄せ効果を高める

 

物の大切を本当に知るためにやるべきこと

必要ないものでも次から次へと買って溜め込む人は、実際に買ったものを大事にしません。

大事だと思えないからまた新たなものを買って自分の心を満足させようとするのです。

もったいないから使えないという物も押入れの奥にしまい込んでしまいますが、いずれほこりを被ってしまいます。

使えるものを捨てるともったいないという人もいますが、使わずに放置されること、存在すら忘れられることです。

だからこそ、使わないものは思い切って断捨離しないといけないのです。

断捨離と掃除の二つさえできれば金運上昇間違い

整理しながら捨てるものを手にとってみることでどれだけ無駄なものをため込んできたのかに気づきます。

そして、もう買うのはやめようと思うようになりますし、買う前に本当に必要かなって立ち止まって考えることができるようになるのです。

買うのはこれっきり!と心に決めていても、また新製品がでたり友達が持っていると欲しくなるものです。

だからこそ、実際に身が切られる思いで捨ててみないと反省できません。

捨てたものも今度また必要になったときに買えばいいのです。

いつか必要になるかも、という未来予想で購入するのはやめるようにすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です