スピリチュアルと天職

仕事・お金

自分にとっての天職のスピリチュアルな見つけ方と5ステップ

世の中のほとんどの人にとって、仕事というのは「生活のために仕方なくやっているもの」「楽しくないもの」という位置づけではないでしょうか。

ですが、「楽しくて没頭できる仕事に就けたらいいのに…」とか「天職を見つけたい」と思っている人もたくさんいます。

天職というのは、本当にラッキーな人や選ばれた人にしか与えられないのでしょうか?

今回はどうすれば天職を見つけることができるのか、スピリチュアルな観点からみた見つけ方と具体的な5ステップについて、お伝えしていきますね。

天職と適職の違い

適職と天職違い

そもそも、天職とはなんぞや?って話ですが、二つの意味があって、ひとつは「神聖な職務」という宗教的な意味、もうひとつは「その人の天性に合った職業」という意味があります。

以下の特徴に当てはまるなら、天職である可能性が高いと言えるでしょう。

・給与よりも仕事が充実していて楽しい、やりがいがあると思える

・向上心をもって心から取り組める

・その仕事に就いてから運気が上がった

・長時間の労働でも苦に思えない

・生きがいになっている

。時間がたつのも忘れるくらい没頭してしまう

・その仕事が大好きで他の仕事は考えられない

よく比較されるのが天職と適職です。同じ概念ですが、内観のレベルや充実度が異なります

適職というのは、自分の適性に合ったもので、本人が持っているスキルや才能でなんとなくできてしまう仕事です。

例えば、パソコンのタイピングが得意であれば、事務系の仕事が適職ですし、人前で話すのが好きとか得意であれば営業職が向いているということです。

そして、もちろん関心や興味もマッチしていることも大事ですね。

一方、天職ですが、自分でもよくわからないけれどワクワクするもの、魂が喜ぶ仕事です。

また、スピリチュアルとしては、天職というのは私たちが生まれながら持っているものなのです。

つまり、私たちの潜在意識は自分にとって天職が何であるのを知っているということになります。

ですから、天職を探すというよりも、自分の中にあることに気づくという言い方が正しいといえます。

スピリチュアルな視点からみた天職の見つけ方

現在の仕事が嫌だから、自分にぴったりの天職に出会えたらいいな、という気持ちでは天職との縁はありません。

自分にとっての天職が何か気づくためには、現職を含め日々の生活の中で「気づき」を意識すること。

ノートに今日一日どんな気づきがあったのかを書いていくことをおすすめします

最初のうちは、何行も書けないかもしれませんが、毎日やっていくと、すらすらと書けるようになるものです。

もっとこうすればよかった
人はこう言ったけれど自分はこう思った
〇〇なところが好きだった
〇〇なところが居心地悪いから好きではない

など、些細なことでも書き綴ることで、何をすれば自分が本当の幸せを感じられるかにそのうち気づくことができるのです。

面倒くさいかもしれませんが、天職に就きたいという思いがあればぜひやってみてください。

気づきが増えると、引き寄せがはたらいて自分が欲する仕事に巡り合うチャンスが不思議とやってきます。

そのチャンスがやってきたら拒まずつかみ取るようにしましょう。

天職に就くことができると、ワクワク感や幸福感を得られますので、飛躍的に成功する可能性の方も高くなります。

縁ある会社に転職するスピリチュアルサインと辞めるタイミング

転職ばかりを繰り返すのはスピリチュアル的にどんな意味がある?

現実的な天職の見つけ方 5ステップ

天職を見つけるためには、以下のようなステップを踏んでいくことが必要です。

自分の長所と情熱を明確にする

自分が最も充実感を感じ、活力を得られる活動や仕事は何か、また喜びを感じられることは何かじっくり考えてみましょう。

そのためには、自分の生まれつきの才能やスキル、興味や趣味から考えてみるとよいです。

キャリアパスの候補を調べてみる

自分の長所や情熱を把握したら、それに関連する業種や職種を調べてみることです。仕事内容、給与範囲、必要な資格などを調べ、それぞれの職種がどのようなものかをより深く理解する必要があります。

メンターやネットワーキングの機会を探す

興味のある分野や仕事に就いている人を探して、知り合いになることです。ネットワーキングイベントに参加したり、オンラインフォーラムに参加したりして、彼らの経験について学び、貴重なアドバイスを得ることが大切です。

インターンシップやボランティア活動を通じて経験を積む

自分の天職を発見する最善の方法は、インターンシップやボランティア活動を通じて、さまざまな職種や業種を体験することです。

体験を通して、自分がどのような仕事や環境を好むのか、実体験を積むことができます。

探求と変化に対してオープンであること

あなたにとって天職というものは、回り道をして得られるかもしれません。ですから、何事も新しい経験や機会を受け入れていきましょう。

始めたばかりのときはピンとこなかったり、その仕事が大変だと感じられることだと思いますが、やっているうちに、なんだか心地がいいなぁとか集中できているなぁと感じることも出てくるものです。

また、新しい経験や機会を受け入れることで、自分自身やどんなことに情熱を注げるのかより深く知ることができるので、進路調整ができます。

まとめ

自分の中の気づきで天職を見つけること、また粘り強く自分を見つめ直すことで、充実感と目的をもたらすキャリアや道を発見することができます。

どちらもすぐに、そして簡単というわけにはいきませんが、受け身ではなく自ら行動に移していたらきっと天職は見つかるはずです。

その仕事が天職だとわかるときは、魂がゆすぶられるほどワクワク感がやってきますので、それがサインだと思ってください^^

-仕事・お金
-

© 2023 Levans Powered by AFFINGER5