スピリチュアルな意味

親子関係が悪いのをスピリチュアル的にみると

人間関係の悩みに、親子との関係が悪いというのもあります。

親ってほとんどの人が生まれてからずっとそばにいる存在だからこそ、悩みの種になってしまうのですよね。

親子関係が悪いのを喜ぶ人はいません。

むしろ、肉親なのでずっと仲良くやっていきたい、今まで悪かった関係を改善したいという思いを持つ人は多いのではないのでしょうか。

というわけで、今回はスピリチュアル的にみた親子関係というテーマで考えていきますね。

親子関係がうまくいかなかった私の過去

私自身の過去を振り返ってみると、学生時代は親のご機嫌を取りながら優等生ぶっていましたし、割と親が過干渉な環境で暮らしてきたと思います。

干渉されることによる反動で20代は親から離れたくて仕事でお金を貯めては海外留学に何度かいっていました。

そのうち海外で暮らしたいという思いが芽生え、海外で外国人と結婚しましたが、その時もよくスカイプで日本の親と喧嘩していました。

「あんたは親に感謝する気持ちがない」とよく言われていましたが、私は感謝しているつもりでしたがそれがうまく伝わってなかった
みたいです。

幼い頃のことを今でもよく覚えていますが、悪いことをして「ごめんなさい」と謝ると、「謝ればいいってもんじゃない」「謝って済む問題じゃない」と言われてその後もくどくどと怒られていました。

当時の幼い私は、どうしていいかわからずそこからひねくれていきました。

そのころから、「悪いときでも自分が謝るのは間違っている」という意識を潜在意識に埋め込んだのではないかと思います。

だから、海外で生活していても素直にごめんとかありがとうが言えなかったのです。

こちらの記事も参考に

親子のコミュニケーション不足「会話が面倒」が招いた結果

スピリチュアル的にみれば親子関係は改善しなくていい?

世の中にはほんといろんな親がいます。

私のように過干渉な親、反対に放任主義な親子供を虐待する親、躾に厳しすぎる親…挙げたらきりがないですが…

どんな親であっても自分が生まれるときに間違いなく選んだ親です。

自分自身がこの世において経験して学びがあるから、自分でその親を選んできたのです。

親が構ってくれない、親が過干渉、酷い暴力親など不満はありますが、そういう親に出会って「こんなことをされるといやだな」ということが学びとなります

親が嫌いであろうが好きであろうが、スピリチュアル的にみれば親のおかげで自分がどうしたいかはっきりわかるのです。

だから、憎むべき親であってもそれを気づかせてくれた親には感謝しないといけないのですね。

学びに気づけると自分自身が親になったときは子供にそういうことをしない子育てができるのです。

私自身もこんな親になったらいけないと思えたから、親が私に教育してきた子育てとは違う子育てができています。

親から愛情をもらっていなくても今からあなたは変われる

子供時代にいい親に恵まれなかった人は不幸な人生を歩むことになるのか?いえ、そうではありません。

親子関係が良くなかったあなたでも、今この時点から変わることができるわけです。

親のせいで自分がダメ人間になったと思って恨み続けるとすると、どうなるかわかりますか?

長期にわたるネガティブ思考をもつと、この先も誰かを憎むようなことを引き寄せるだけです。

親子関係だけでなくすべてに言えるのですが、不幸や不運と思われることも偶然にはおきません

だから受け入れ、認めることです。

自分の学びとなると、憎しみはなくなりますよね?

むしろ感謝の気持ちでいっぱいになるかと思います。

そうなると、ますます良い波動や思考が出てよい引き寄せが起こるので人生が面白いほど理想どおりに変わっていきますよ。

-スピリチュアルな意味
-

error: Content is protected !!

© 2023 Levans Powered by AFFINGER5