転職 繰り返す スピリチュアル

仕事・お金

転職ばかりを繰り返すのはスピリチュアル的にどんな意味がある?

ようやく転職できたからよかったと安心できたのもつかの間で、またすぐに仕事を辞めて職探しを繰り返す…こういう人、最近多くないですか?

実は私の妹も転職を繰り返す人で、今までに転職回数は20~30あると思います。

毎回、「これが最後の転職」といっているのですが、3ヶ月~半年ぐらいでやめて再び職安に通っています。

転職を繰り返すのはスピリチュアル的にどんな意味があるのかについて掘り下げて考えてみます。

転職を繰り返す人の心理

転職を繰り返す人の心理はどんなものでしょうか。実は、複数の心理要因があります。

例えば、新しい挑戦や成長への欲求が強く、飽きっぽい性格である場合、一つの仕事での経験やスキルだけでは満足せず、常に新しい環境やチャレンジを求めて転職をする傾向があります。

また、ストレスや不満が溜まった結果、現職を辞めてしまう場合もありますね。

このような人々は、過去の経験から次の職場が改善されるという期待感によって転職を繰り返しがちです。

-

逃げの転職のスピリチュアルな意味

仕事をやめたい女性

妹は会社を辞めるたびに、

・職場の雰囲気が悪かった
・人間関係が最悪
・業務内容がきついでわかりづらい
・仕事内容が暇すぎてつらい
・給料が低い
・通勤が遠くて大変

という不平不満をもらします。

この不平不満で仕事を辞めて転職することを「逃げの転職」といいます。

とにかく嫌な理由を見つけて逃げたい一心で転職しようとしていることを指します。

スピリチュアル的にはネガティブ思考で会社を辞めてしまったら、次もうまくいかないという宇宙の仕組みがあるのです。

逃げることになるため、自分自身の波動が低く運も下がります。そして、次にたとえ上手く転職できたとしてもまた、ネガティブ思考が発動してやめてしまうのです。

仕事もそうですが、学校でも地域でもそこにはスピリチュアルな観点からみると必ず学びがあります。

その学びをクリアすることを回避していくことはあなたの魂の成長につながりません。

学ぶことに気づき、今ある仕事を自分の望むほうへ変えていってやろうじゃないか!ぐらいの強い心をもって取り組むと状況が見事に変わってきます。

例えば、臨時収入がはいったり、いいポストをもらったり急に人間関係がよくなったりします。

いずれ今の職場をやめることになっても次に転職する職場は、今までよりもさらに条件がよく働きやすい職場であることもあります。

パワハラで精神的におかしくなりつつあるようなブラック企業やいじめが酷いという所でない限りは、逃げることにぐっと堪えて、目の前のことを集中して最大限頑張ってみることです。

そうすれば、あなた自身がきらきら輝きだして魂の波動がアップして、運気のほうも上がってきますよ。

休み明けの仕事がしんどい・行きたくないときの乗り越え方

スピリチュアル的にポジティブな転職は成功する

人生前に進みたい

逃げの転職に対して、「ポジティブな転職」というのがあります。

・自分のこれまでの経験やスキルを活かしたために転職

・ワンランク上の資格を取るための転職

・自己啓発につながる転職

このような理由における転職は、再就職先でも高い波動をもって取り組めるので、運気上昇していきます

辞めるときも、「この職場で働かせてもらえてよかった。感謝している」と心から思う気持ちがあれば、次の転職は成功していきます。

数ある会社にあなたが雇われるのはまさに奇跡でありご縁によって結ばれます。

転職するときの波長が高い人は、良い会社とのご縁ができやすく、反対に波長が低ければそれ相応の会社しかご縁がありません

就職する先が変な会社ばかりという人はドキッとしているかもしれませんね。

自分にとっての天職のスピリチュアルな見つけ方と5ステップ

人間関係で嫌な目にあって転職する人には因果応報がきている

転職ばかりする女性

転職するたびに、職場の人間関係でよい扱いをされない、いじめられる、無視される、嫌な思いをするという人は、スピリチュアル的にいうと、今まで自分自身がやってきたこと、つまり因果応報が返ってきているのです。

そんなの心当たりがないと思うかもしれませんが、学生時代から遡ります。

学生時代だと記憶があまりないかもしれませんが、クラスメイトに対して酷いことをいったり、心ないことを言ったことがあるならそれが因果応報でやってきます。

また、日ごろから家族に対してきついことを言ったりしているとそれも自分に返ってきます。

しかも、自分の一番大切な時期に因果応報はやってきて気づきを与えるため、かなり苦しむことになります

人間関係が原因で転職を繰り返す方は、逃げることはできず起きてくることに向き合うしかありません。

逃げたらまた同じ目に遭うだけですので、向かい合い、それを乗り越えることで逃げの転職をしなくていい人生を迎えることができるようになるでしょう。

間違った道を歩いている!?正しい道に導くスピリチュアルサインとは

転職の回数を減らすためにできるスピリチュアルアドバイス

仕事をする女性

以下のようなスピリチュアルなアドバイスを取り入れることで、転職の回数を減らす手助けになるかもしれません。

自分自身との繋がりを深め、目的を明確にし、直感や内なる声に耳を傾けることで、より充実したキャリアを築くことができるでしょう。

自己探求をする

転職の回数を減らすためには、まず自分自身との繋がりを深めることが重要です。

自己探求を通じて自分の使命や目的を見つけ、それに基づいてキャリアや仕事を選ぶことができます。

瞑想やヨガなどのスピリチュアルな実践を取り入れることで、内なる声や直感をより明確に感じることができるでしょう。

例えば、ある人は、長い間同じ会社に勤めていましたが、やりがいや成長を感じられなくなり、転職を考えました。その時にスピリチュアルな旅行に出かけて自己探求を始め、自分が本当にやりたかったことを明確にしました。その結果、自分の情熱がある分野への転職を成功させ、以降は自身の使命に基づいた仕事に従事するようになりました。

目的地を明確にする

転職を決断する際、何を求めているのか、どのような環境で働きたいのかを明確にすることは重要です。

スピリチュアルな観点から、自己の目的や願望をクリアにすることで、それに適した職場や環境に引き寄せられる可能性が高まります。

例えば、ある人は、何度も転職を重ねてきましたが、環境や人間関係の問題からいつも満足できる仕事が見つからずにいました。スピリチュアルな実践を通して、自分が本当に求める職場環境を明確にし、そこに集中することで、理想的な職場に出会うことができました。

 直感を信じる

スピリチュアルなアドバイスの一つとして、直感を信じることが挙げられます。

転職の決断をする際、頭で考えるだけでなく、内なる声や直感を聴くことが重要です。

直感は、自分にとって最善の選択を示してくれる場合があります。

例えば、ある人は、仕事に不満を抱きつつも、転職することに踏み切れず悩んでいました。その時、瞑想や直感開発の実践を行い、内なる声に耳を傾けました。すると、直感的に「このまま辞めるべきではない」というメッセージが届きました。その結果、その会社で環境や役割の変更が行われ、満足のいく働き方を見つけることができました。

総括:転職ばかりを繰り返すのはスピリチュアル的にどんな意味がある?

今回の記事のまとめ

・転職を繰り返す人の心理要因:新しい挑戦やストレスからの逃避が主な理由。
・逃げの転職のスピリチュアルな意味:ネガティブ思考での転職は宇宙の因果応報に影響し、波動を低くし運も下げる。
・ポジティブな転職成功:自己成長や使命に基づく転職は波動が高く、良い会社とのご縁を引き寄せる。
・人間関係での因果応報:嫌な人間関係は過去の行動の因果応報であり、向き合い乗り越える必要がある。
・転職回数減少のスピリチュアルアドバイス:自己探求、目的の明確化、直感の信頼が転職の成功への鍵。

-仕事・お金
-

© 2023 Levans Powered by AFFINGER5