病気になるのはスピリチュアルな意味がある?誰でも健康でいられる方法

人は大きな病気をしたとき、自分の過去の行
いが悪かったのか、カルマなのか
など何かとスピリチュアルな意味があるので
は?と考えてしまいます。

 

健康に人一倍気を遣っていたのに、病気をし
てしまうのはなぜでしょうか?

 

反対に、どうみても身体に悪い添加物の入っ
たものばかり食べている人は病気をしない、
とか長生きをしているのもどうしてなのでしょうか?

 

今回はスピリチュアルと健康について考えて
いきたいと思います。

 

病気になるのはスピリチュアル的にどういう意味があるの?

健康を保つには、日ごろの食生活がかなり関
係しているのは確かです。

 

確かに、甘いもの、油もの、アルコール類を
摂取していたら身体が酸性になって風邪をひ
きやすくなったり、内臓を悪くしたりしますよね。

 

ですが、健康であるのも病気になるのもあな
たの思考と波動が影響しているという事実も
あります。

 

ですので、何を食べたら病気にならないかと
いうのではなく、どんな気持ちで食べるのか
というのが大事です。

 

自分自身は健康だと思っている人は、「病気
になりたくない」と思って有機野菜や無添加
食品を食べますよね。

 

つまり、病気が怖いというのに意識が強く向
いているので、かえってその思考が宇宙に伝
わり病気を引き寄せてしまうのです。

 

これじゃ、本末転倒です。

 

一方、身体に悪いものばかり食べている人は
というと、病気を気にしていません。

 

楽しく自分の好きなものを食べることに満足
しているから、病気にならずに健康に気を遣
っている人よりも長生きする人もいるのです。

 

先ほども言いましたが、

実際身体に悪い食品を口にしているので、
病気になるリスクは高いですが、

そこに好きなものを食べれるというポジティブ
な気持ちがあるので病気を引き寄せにくいのです。

 

それだけいい気分でいるというのは、すごい
パワーを秘めているんだということがわかり
ますよね。

 

病気はそもそもどこからやってくる?

ヘルシーライフを意識していても、職場のス
トレスや家族間の問題など、日々のストレス
が長期的にたまっていくと、それはネガティ
ブな現実を引き寄せてしまいます。

 

だから、どんなに食べ物を気を付けていても
病気を患ってしまうこともあるのです。

 

病気は外からくるものではなく、やっぱり
自分の内側からやってくるものです。

 

病は気からということわざがあるように、
自分の中の思いが呼び寄せてしまうのです。

 

インフルエンザなどの感染症にかかるのは、
外部からの影響だと思われがちですが、何万
という数のウイルスが居る中で生活していて
も移る人と移らない人に分かれます。

 

だから、移るのも自分自身がウイルスを引き
寄せてしまったことになります。

 

健康だけでなく人生そのものがなんだか上手く
いかないなーて思うときはこちらも参考に!

人生がうまくいかない時はどうする?スピリチュアル的な対処法

 

病気を引き寄せないために

病気になることを心配していては、ずばり病
気を引き寄せてしまいます。

 

ですので、「病気になりたくないです」とい
う思いは捨てて、まず健康であることがどん
なに素晴らしく有難いことかを実感することです。

 

風邪をひいて熱を出してだけでも、関節が居
たくて布団が引けない、ご飯が作れないくら
い自分自身が弱くなりますよね。

 

入院したことがある人なら、家で普通に生活
できる有難さをよくわかるはずです。

 

だから、健康であるってことは奇跡的に素晴
らしいことなのです。

 

心臓も今まで一回も止まらずよく動いてくれ
たね!と感謝すべきことなのです。

 

そして、毎日をいきいきとして明朗に生きる
ことによって、意識しなくても身体によくな
い食べ物を避けることができ、結果的に病気
にならない健康な身体を得ることができるの
です。

 

このことから、いい気分で毎日過ごすことは
とても大事なのですが、私たちは人間ですか
ら落ち込んだり、イライラしたりすることが
あります。

 

ですが、そのネガティブさを引きずらないこと。

 

ネガティブをもってもいいけれど、いつまで
も引きずらないこと。

 

長引くと思考や波動が宇宙に伝わり引き寄せ
られますので、良くないです。

 

ですので、できるだけいい気分でいることを
心がけて毎日を過ごしましょう!

 

思考が現実を創るという事実が怖い!

思っていることは現実になるというのは嘘か?

 

恋愛スピリチュアルメルマガ

 

お気軽にお問合せください。通常24時間以内に返信いたします。

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です